メンバ変数とコンストラクタ

おはようございます。有村です。
ねむくない日がない。日記書きながら寝落ちした。

数日前の日記で私は文系女子だと書きましたが、よく考えたら特段国語や英語ができるわけじゃねぇなと気付きました。
よって、文系宣言は撤廃し、「特に勉学において取り柄がない系女子」を名乗ることにします!
父は理系なのに。どうしてこうなった。

さて今日調べたこと。
メンバ変数とコンストラクタ。

コンストラクタについて知ったほうがいいよ〜とアドバイスをいただいたので、コンストラクタを調べてみたら、「メンバ変数を初期化云々」なる記述がもりもり出てきまして。
「ふむふむメンバ変数を初期化するのね分かった!……ってかメンバ変数って何者だぁ!?!?」という状態になりました。そしてメンバ変数を調べたらまた知らない用語が出てくる。無知ゆえの無限ムープ怖い。

閑話休題。

メンバ変数
オブジェクトの性質や状態をあらわす変数。
調べたものだと、テレビのチャンネル設定の例えが分かりやすかった。テレビというclassの中で、チャンネルは8という状態をあらわすメンバ変数がいる、みたいな。
イメージとしては、classというものが抽象的だとしたら、メンバ変数はそれを具体的にするために使う値…みたいな?とりあえずそう理解している。
こんな感じだろうか。
class → ロボット
メンバ変数 → 色 = 青、声 = ダミ声、性格 = 実はスケベ

コンストラクタ
インスタンス生成時に実行される初期化処理のこと。
先のメンバ変数が性質や状態をあらわすということは、インスタンスによってその値も変わってくる。
例えば先のテレビの例えだと、そのインスタンスで使うチャンネルの値は4かもしれないし、8かもしれない。
インスタンスが生成されるタイミングで、呼び出し側が指定した値(渡し方は引数でいいのかな?)をセットし、「チャンネルは4」というテレビの状態を設定する。
みたいな流れが初期化処理。

ひとまずこんなところ。
そういえばIT業界って、用語の語尾を伸ばさないですよね。コンピュータとか、サーバとか、パラメタとか。
今回メンバ変数が出てきて「あ…メンバー変数じゃないんや…」と思いましたゆえ。
これも効率化を追求した結果なんだろうか。

それでは、今日はこのへんで。

メンバ変数とコンストラクタ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です