ハードの用語について調べてみた

こんにちは!有村です!
最近よく色んな人に、「ほんっとにハードのこと何も知らないんだな…」という顔をされます!

メモリは多い方がよさそう、SSDって速そう、Core iなんちゃらって数字が大きければ優秀?
そんな前知識でIT従事者と話してたら、そりゃ呆れ顔されますよね!

というわけで、今回のテーマはハードの用語について調べてみたです!
プログラムは書けてもハードは良く知らない…そんな同志がいたら、お役に立つと嬉しいです!!

CPUってなに?
central processing unitの略。中央演算処理装置。
こいつが優秀であればあるほど、ユーザからの命令処理の能力が上がるらしい。

何をもって優秀と呼ぶかは、
・クロック数(GHz)、数字が大きいほうが優秀
・コア数、多ければ多いほど同時に処理速度が上がる
これらの数字も関わってくるみたい。

また、クロック数においては、
Turbo Boost
というブースト数値も見ておいたほうが良さそう。

Turbo Boostは、超簡潔に言えば「もしまだCPU全体の発熱に余裕があるなら、負荷が高いコアの性能を上げる(ブーストする)わ」
ということらしい。
Turbo Boostに書かれている数値は、ブースト時に最大ここまでクロック数が上がるよ、というもの。

いつもブーストしとけばいいじゃんと一瞬思ったけれど、「発熱」というワードが大事。
全員が常にブーストしてしまうと、熱で即死亡ですもんね…。

GPUってなに?
Graphics Processing Unitの略。画像演算処理装置。
CPUと名前似とるやんとずっと思ってたのですが、こちらは画像処理に特化した演算装置のようです。

PCでゲームする人にはかなり重要かも知れません!
グラフィックの描画性能が低ければ、もちろんゲームの動きももっさり、カクカクしますよね…(実体験)
GPUはCPUと同じくらい大事な装置だと理解!

SSDってなに?
solid state driveの略。半導体素子メモリのことらしいけど…正直それだけ聞いても分からん。
データの読み書きをするやつ。HDDの仲間のようなもの。

色々読んでいて分かりやすかった説明は、USBメモリと同じ仕組みだということ。
HDDは円盤がくるくる回って、物理的に情報を読み書きしているけれど、SSDはメモリチップでそれを行うため、
HDDと比べて読み書きが非常に速い!

なら全部SSDでいいじゃんと思ったのですが、PC売り場を見ていても分かるように、SSDってそれ自体が高いんですよね…。
なので、システムやエディタなど高速なやりとりが必要になるものはSSDに、音楽や画像など頻繁にアクセスしないものは外付けHDDに、という
住み分けも大事そうです。

これで、PC売り場のスペック表を見ても、なんとな〜く理解できそうですね!
まだまだハード用語あると思いますが、ひとまずきょうはこのへんで。