HTTP レスポンスステータスコードについて調べてみた

こんばんは、有村です。
今日はHTTP レスポンスステータスコードについて学んだので、メモとして残します!

そもそもHTTP レスポンスステータスコードとは。

HTTP レスポンスステータスコードは、特定の HTTP リクエストが正常に完了したかを示します。
レスポンスは情報レスポンス、成功レスポンス、リダイレクト、クライアントエラー、サーバーエラーの 5 つのクラスに分類されます。

だそうです。
引用元:https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Status

それぞれ、
100番台 … 情報レスポンス
200番台 … 成功レスポンス
300番台 … リダイレクト
400番台 … クライアントエラー
500番台 … サーバーエラー

その中から、よく見るな〜というものを簡単にかいつまんでみました。

200(OK)
リクエストが成功した。

301(Moved Permanently)
リクエストされたリソースのURIが変更された。

302(Found)
リクエストされたリソースのURIが一時的に変更された。

403(Forbidden)
クライアントにコンテンツのアクセス権がない。

404(Not Found)
リクエストされたリソースを発見できない。

500(Internal Server Error)
サーバ側で処理方法が分からない事態が発生した。

503(Service Unavailable)
サーバがメンテナンスや過負荷でダウンしているなど。

504(Gateway Timeout)
ゲートウェイとして動作するサーバが時間内にレスポンスを得られない。

番号と内容だけではなく、名前も覚えたほうがいいよ〜とのアドバイスをいただいたので、
それも含めて頭に叩き込みたいと思います!

それでは、きょうはこのへんで。