原則を知る ーDRYー

こんばんは、原田です。

さっき地元の知り合いから電話がきて、地元に帰りたくなりました。はい。

 

 

最近、上司に「どれが良い実装で、どれが悪い実装なのかが分からない」と相談しました。

すると、「原則を知るといい。」という助言を頂きました。

原則  …特別な場合は別として、一般に適用される根本的な法則。

確かに、原則を知ることは、いいコードが分かる導きになるかもしれないと思い、これからちょいちょい原則を書いていこうと思います!!!

 

ではでは、

今日の原則は〜・・・・

DRY

です。

乾燥という意味ではありません。(知らなかったのは私だけですかね?)

DRY(Don’t  Repeat Yourself)

重複を防ぐ考え方。

Single Source of truthとも言うそうです。

 

なぜ重複を防いだ方が良いのか?

重複が多い→変更時に変更箇所が増える→時間がかかる

情報量が多い→明確でない→不一致が生じる可能性がある

という点があるからだそうです。

 

ということで、今後はまとめることができたり、同じような実装が複数ある場合は、関数化したりしてDRYに努めようと思います。