thisを出力してみた

こんばんは、有村です!
今回はふと気になったのでこれを実践してみました!!

thisを出力してみた

です!
よくJSerの先輩から、「thisがそいつ自身を指すのはjQueryだから」と聞いていましたが、
じゃあjQueryではない生のJavaScriptだと何を指すんだろう…と疑問に思った次第です。

ただ、「どういう仕組みなん?」というところまでは理解が追いつかなかったので、
そこに関しては全く意味をなさない記事だと思います…。あくまで備忘録で。

さっそく実践。

その結果はというと…

わー!Windowって出た!
window…グローバルオブジェクトですね。
「これ」を指すのだから、「hoge」自身が返ってくると予想したのですが…(jQuery信者)

じゃあこういったケースはどうなるんでしょうか…

実行すると、なんと!!

と出ます!
thisの向き先が変わりました!!

なんとな〜く、こういうこと?と感覚で掴んでいることとしては、
hogeはグローバル(window)に属していて、fugaはインスタンスとして作成された時点でhogeに属しているのかな?
thisはその属しているものを向き先として設定されているのかな?という。

調べてみると、プロトタイプあたりとも密接に関係してそうなので、それはそれで後日ちゃんと理解したいです。

なんだか感覚値が高い記事になってしまいましたが、備忘録ということで(2回目)
それでは、きょうはこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です